東京 興信所 行方不明人調査






東京、安いだけの探偵社には行方不明人調査を依頼するな

東京にある探偵社をおすすめランキングでご紹介します。

原一探偵事務所 [原一(東京本社) 他 ]
評価
交通アクセス原一(東京本社):〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-20 9階(JR 日本橋駅3分、地下鉄銀座線 三越前駅3分)
開始届出証明書番号東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30070443号
調査実績8万件
支社住所〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-20 9階
TV取材・メディア協力徳光和夫の逢いたい、バンキシャ、ニュースプラス1、リアルタイム、スッキリ、アッコにおまかせ

独自の調査方法とネットワークを駆使し、「奇跡の扉TVのチカラ」など数々のテレビ番組において、数々の行方不明者や失踪者などを見つけ出してきたという実績があります。その確実性の高い調査結果には、依頼者の信頼の高いものになっています。

家出や人探しなどの調査は原一探偵事務所が、実績を多く持っています。有名なテレビの番組で調査の相談をされることもあり、多くの高難易度の問題を解決に導いてきました。調査会社なら当社と言われているほど有名です。

HAL探偵社 [HAL(本部) ]
評価
交通アクセスHAL(本部):〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-10-4 ゼノン西新宿1階(都営大江戸線 西新宿五丁目駅11分、JR 新宿15分)
開始届出証明書番号東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30150241号
調査実績9000件(2014年1月)
支社住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-10-4 ゼノン西新宿1階
TV取材・メディア協力相棒season 12、MSN

どこにいるのか、ある日突然帰ってこなくなった家族のことを調べたいけれど誰に相談したら良いのかもわからず困惑してはいませんか?お勤め先や学校へ行ったまま、何日たっても帰宅しないある日突然、置手紙やメモひとつ残したきりいなくなって心当たりを探しても見つからないなど、様々なケースに対応しています。

浮気調査や不倫調査などに数多くの実績を持ったHAL探偵社では、家出人調査にも強いです。明確ではっきりしている料金プランなので、初めてでも安心した利用が可能です。支払いは調査が終了してからに決まっているので、支払い時の心配はありません。

FUJIリサーチ [FUJI(東京本社) ]
評価
交通アクセスFUJI(東京本社):〒111-0051 東京都台東区蔵前3-17-4蔵前妙見屋ビル8F(都営大江戸線 蔵前駅3分、都営浅草線 蔵前駅6分)
開始届出証明書番号東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30110291号
調査実績非公表
支社住所〒111-0051 東京都台東区蔵前3-17-4蔵前妙見屋ビル8F
TV取材・メディア協力カスペ!ついていったらこうなった8、毒嬢ヂカラ~ 愛ある毒がニッポンを楽しくする!~、とくダネ!真相チェイス!直撃御免

家出人などのFUJIリサーチの探し方は、ムダのない効率の良い調査の計画と見積もりの金額を開示して、日本全国に張り巡らしたネットワーク、捜索情報を公開するなどして、その対象者を速やかにかつ的確に捕捉することができます。

FIJIリサーチの魅力とは!それは、調査の方法に無駄をなくし、効率的に提案してくれること。家出人・人探しは、見つからないように隠れていたりなど、色々な可能性を考えて調査しなければなりません。このFIJIリサーチなら、すぐに動いて効果的な調査が期待できるかもしれません。

★第4位★ アイヴィ・サービス [アイヴィ・サービス(東京本部) ]
評価
交通アクセスアイヴィ・サービス(東京本部):〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目2-10東洋ビル5階(地下鉄 日本橋駅7分)
開始届出証明書番号東京都公安委員会 開始届出証明書番号 第30130152号
調査実績2000件/1年
支社住所〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目2-10東洋ビル5階
TV取材・メディア協力HBC「北海道NEWS1」、UHB「スーパーニュース」出演

調査歴が20年を超えるベテラン調査員が家出・失踪調査を担当し、高い発見率を誇っております。

家出・失踪者捜索の調査ポイントの解説があり、行方調査の実績も十分とわかります。全国に支社があるので、遠くへ失踪している場合も柔軟な対応が期待できます。

コラム 東京女性の浮気調査に関する相談

相談

妻に浮気をされたので、離婚をするために話し合っています。 そんな訳で慰謝料を妻からもらいたいのですが、弁護士に「不貞の証拠」を示すように指示されました。 ちなみに、「不貞の証拠」とは実例として一体どういったものなのでしょうか。

ある探偵事務所相談員の考え

裁判例によると、配偶者を有する人が、本人の自由な考えによって配偶者以外の人と性的な交わりを伴うことを不貞行為として挙げています。 けれども、婚外性交の証明といっても性交最中の写真や動画を撮影することは難しいですし、証拠としてそこまでは必要ありません。 間違いなく不貞行為が行われたであろうと、世間の常識の範囲で立証できる証拠であればよいのです。 ですが、二人でどこかに滞在するとしても、その時間帯や具体的な場所、どれぐらい長く滞在したのかも問題です。ただ出かけただけでは証拠としては十分ではありません。 ただし、慰謝料請求を望む場合には望む金額に対して必要となる証拠物件が異なることもあります。